柔し、うつくし、不甲斐なし

走ったって、先も雨

鬼滅の刃で病んだ話

はじめまして、眠り箱と申します。 もう限界なので、どうか「鬼滅の刃」の話をさせてください。 というか、この激重感情を供養させてください。気兼ねなく逝かせてやってください。胸に重いものがつかえて苦しい。体重もめちゃくちゃ増えた。 周囲に鬼滅の話…